読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

l0x0lの日記

趣味のブラックバス釣り、PCの覚書、その他購入したモノの感想などの話題を載せていきます。

実質CZ-900の再販 ロジクール イルミネートキーボード K740発売

株式会社ロジクールは、薄さ9.3mmで白色バックライト付きのフルキーボード「イルミネート キーボード」(型番:K740)を6月7日に発売する。価格はオープンプライスで、直販価格は8,980円。対応OSはWindows XP/Vista/7/8/RT。



1年早く発売して欲しかった。妥協でK800を買ってしまったので。
やはりキーボードは有線のほうが安定感があります。K800はUSB延長コードが付いていて、至れり尽くせりなんですが、それって本末転倒。
CZ-900は価格コムやconeco.netでの評判もよく、購入したいと思った時にはすでに廃盤でした。
配列は廃盤となったCZ-900と同じキー配置のように思います。(Deleteキーの位置、サイズとか)
K800はキーのエッジが丸みを帯びており、CZ-900は角張っておりました。自分はこの角張っているエッジのほうが指先の触感がはっきりする分、ブラインドタッチがしやすいと考えています。
そこで気になるのが、今回発売されたK740のキーのエッジが角張っているかどうかです。K800は薄型インカーブキー(キー中央が丸く凹んでいる)、CZ-900とK740は薄型と書かれています。
写真を見るかぎり、角張っているように思うのですが、はっきりとしません。
Internet ArchiveのログからCZ-900のスペック表を引っ張り出してきて見たところ、製品の仕様は全く同じといって差し障りありません。K740はCZ-900の再販であると言い切って良さそう。キーエッジが角ばったままであることを祈ります。
今はまだ、K800の価格は1年前に自分が購入したときと比べて、300円ぐらいしか値下げされていませんが、そのうち処分特価で売り出す店舗も出てくると思いますので、要注目だと思います。