読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

l0x0lの日記

趣味のブラックバス釣り、PCの覚書、その他購入したモノの感想などの話題を載せていきます。

たまご型USBスピーカー「Olasonic TW-S5」のレビュー

Olasonic_TW-S5_White
MacPeopleの読者プレゼントに当選し、送られてきました。どうも、ありがとうございます。ちょうどデスクトップPCのスピーカーが無かったため、助かりました。
スピーカーの知識は皆無ですが、ないなりに感想を述べたいと思います。
他の方のレビューどおり、パワフルなサウンドです。高音◯、低音△といったところでしょうか。難点はボリューム2や3でかなりの音量で、キーボードのホットキーで音量を調節した場合、ミュートか音量大しか選べないような状況です。これについては、音量ミキサーでアプリケーション側の音量を最小にすることで対応することにしました。
USB給電のスピーカーはあまりなく、これとワンサイズ大きいTW-S7が最上品と言っていいと思います。
そして、この特徴的なたまご型のフォルムのスピーカーにはスイッチの類はなく、スイッチ等の部品が共振するというトラブルは見受けられません。そのかわり、夜間はヘッドホンを使いたいという場合に、ハードウェア的スイッチがないため、Windowsのサウンドデバイスでいちいち切り替えなくてはなりません。
そこでおすすめしたいのが、DefaultAudioChangerです。これはサウンドデバイスを簡単に切り替えるソフトです。ソフトの使い方はDefaultAudioChanger - k本的に無料ソフト・フリーソフトが詳しいです。自分が遭遇したトラブルを補足すると、このソフトはWindowsベーシック(Aeroではない)と相性が悪いらしく、設定ウィンドウの描写に支障がでます。Aeroに変更してください。
自分はDefaultAudioChangerの切替ホットキーのキー複数押しが煩わしかったので、キーボードの電卓キーにそのキーを割り当てました。
ロジクール製キーボードでの設定を紹介します。

まず最初にSetPointのキーストロークの割当に任意のキーを入力します。
次にDefaultAudioChangerのグローバルホットキーに先ほどの任意のキーを入力します。

※この順番が大切です。DefaultAudioChangerの方を先に設定すると、SetPointが割り当てキーが重複しているとみなし、登録することができません。

これでワンタッチでTW-S5とヘッドホンを切り替えることができます。
DefaultAudioChanger
 photo setpoint_zps7b1ca65a.png

Olasonic USBパワードスピーカー (ブリリアントホワイト) TW-S5W
東和電子 (2012-11-01)
売り上げランキング: 5,072